いろいろ言い方で「~へ行く」を英語で言えるようになろう!

英会話で色々な「~へ行く」を使ってみよう!!

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 英会話, 英会話で即使える, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は、休憩中に語彙を強化!普段とは違った言い回しをご紹介するので、表現の幅を広げるのに参考にしてみてくださいね!


ズバリテーマは

英会話で超基本の「~へ行く」を“go”以外で言えるようになろう!!

です!


「~行く」を英語で表現すると“go to”を使う方が多いと思います。けれども、ネイティブスピーカーは“go to”以外の表現も、とっても良く使います。ただ、それを知らないと、その表現が出てきた時に「???」となってしまいますし、みなさんも押さえておくことで、普段の英会話の中で、色々な表現を使えてより楽しめますのでぜひ覚えてしましましょう!!



まずは以下の文を瞬間英作文してみましょう!!


「30人の乗客を乗せたバスが首都に向かっていた。」


“go”と他の表現では、「~へ行く」という意味に多少のニュアンスを違いがありますが、ほとんど区別なく使われることが多いです。なので、そこまで気にして使い分ける必要はないですが、ベースとなる意味を知っておくことは重要ですので、しっかりチェックしていきましょう!


では上の瞬間英作文の正解です。

「30人の乗客を乗せたバスが首都に向かっていた。」

“A bus carrying 30 passengers was heading toward the capital.”

(An Instant Reply:「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic 「分詞」より」


この文のポイントは“head”で、「~へ行く」という意味を表しているところです。ここでは“toward”が使われていますが、“to”、“for”でも問題ありません。

“go”とのニュアンスの違いとしては、“go”は「~へ行く」という意味ですが、“head”は「~の方(方向)へ行く」という意味になります。


ただ、「方向へ行く」という意味から、場所に行く場合に使われないと思いがちですが、そうではなく、明確な目的地が決まっている場合に使われる単語です。ですので「~へ向かう」という意味で押さえておくのが良いですね。

“We are heading to Tokyo tower.”

「私たちは東京タワーへ向かっているところです。」


カジュアルな場面では“off to ”を使おう!!

では次の表現です。再び瞬間英作文をしてみましょう!


「どこ行くの?」


とても良く使う表現ですね。もちろん“Where are you going.”でも間違いではありません。けれども、それだけを覚えていても、ネイティブが違う表現で話しかけてきたら、その表現を知らないと何を聞かれているのかわからなくなってしまいますね。そういう意味でも、色々な言い方を覚えておくことはとっても重要です。では正解です。


「どこ行くの?」

“Where are you off to?”


こちらはAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」からのフレーズですが、その解説が非常にわかりやすいのでご紹介します。

(An Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」 「文法・その他」より。)


“off” は「そこから離れて」、“to” は「〜に(行く・向かう)」というイメージなので “Where are you off to?” が「どこ行くの?」になるんです。

(このフレーズの記事を「日刊英語ライフ」で読む。)


“off to”の場合は「今いる場所から離れていく」→「出発する」というニュアンスが強くなります。その行く場所は必ずしも東京タワーと、友達の家という「場所」ばかりではなく、こんなニュアンスでも使われます。


“I’m off to bed now.”

「もう寝るね。」

(An Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」 「文法・その他」より。)


“off to”の場合ですと、知らないと「休みを聞いているのかな?」と迷ってしまいますね。ぜひ、本日ご紹介した文でまずはイメージをつかんで、瞬間英作文でどんどんアウトプットして効果的にマスターしてくださいね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン