文型を意識したwishの使い方とは!?

Posted on Posted in ご挨拶, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は、皆さんの素敵な年末と新年を祈るという意味も込めて、ある単語の注意したい使い方をご紹介します!!


ズバリテーマは

“I wish you a happy new year.”!!

です!早速行きましょう!!


“wish”を良く使う場面といえば、仮定法を使う時ですよね。例えば、

“I wish I were a bird.”

「私が鳥だったらな~」

という感じですね。


この仮定法で使われる“wish”は現実に起こり得ないことや、過去の事実に反するようなことに対して「~ならいいのにな~」や、「~だったら良かったのに」という意味を表します。


逆に、現実に起こることを望んだり、可能性がありうることは“hope”を使いますね。

“I hope you can come to the party.”

「君がパーティーに来れたらいいね。」


という感じです。

では、冒頭のテーマの文を見てみましょう。

“I wish you a happy new year.”

直訳すると「私はあなたに幸せな新年がもたらされるのを願っています。」という意味です。

意訳すると「良い新年を。」や「新年おめでとう。」と言いたい場面で使われます。


このように良い意味で使うと、「実現の可能性がない仮定法で使われる“wish”を、こんな風に使うなんて、失礼なんじゃないの??」と思ってしまいそうですね。

けれどもこれは問題ないんです。


瞬間英作文でも重要な文型の意識

この“I wish you a happy new year.”は第四文型です。

“wish”を第四文型で使うと「~に~がもたらされるのを願う」という意味になります。

仮定法で使うのとは意味が異なるんですね。

ちなみに仮定法の場合は“wish”はthat節を後ろにとります。(省略可)

この文型による違いを意識できると、ちょっとした手紙の締めや、挨拶の機会などで英語らしい表現をすることが出来ます。ですのでぜひ、瞬間英作文を行いながらも、時々文型を意識しながら、自分が慣れていない使い方をしている単語があれば確認をするようにしてみてください。


では最後に瞬間英作文アプリ An Instant Replyの高校文法総復習 ALL IN ONE Basicより瞬間英作文の問題を一問。


「新しいお仕事での成功をお祈りしています。」

(答えはお知らせの後)


瞬間英作文アプリ An Instant Replyの運営部は2016年12月29日(木)から2017年1月3日(火)まで冬季休業となります。この間におよせ頂きましたお問い合わせは順次、2017年1月4日(水)よりご返信させていただきます。

ご不便とご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程を宜しくお願い致します。

2017年もまた、皆さまの英語学習のお役に立てるよう、努力をして参りますので引き続き瞬間英作文アプリ An Instant Replyを宜しくお願い致します。


それでは正解です。

“I wish you every success in your new job.”

です。


それではみなさん、よい年末年始をお過ごしください♪


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン