瞬間英作文で注意したい分詞の時制

Posted on Posted in TOEIC, 時制, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyから、瞬間英作文の練習のうちに英会話をイメージして気をつけたい文法項目をご紹介します!


本日のテーマ

分詞の時制に気をつけよう!!

です。


本日ご紹介する内容は、瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyのコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」の【9.分詞】に含まれています。


早速ですがまずは以下の1文を瞬間英作文してみてください。


「少し酒を飲んだTedは、自分で車を運転して帰宅することはしなかった。」


本日のテーマは分詞ですので、接続詞などではなく分詞を使って瞬間英作文をしてみてください。


この問題のポイントは時制です。

時制に関しては瞬間英作文をしていて、「三人称単数のs」と並んで間違いやすいポイントの一つであり、テンポの速いスタイルの瞬間英作文学習で、間違いに気付きにくい項目でもあります。


では正解を見てみましょう。

“Having drunk a bit, Ted didn’t drive himself home.”

となります。


時制の差を意識しよう

この“Having drunk a bit, Ted didn’t drive himself home.”は2つのセンテンスに分けることができますね。


1.Ted didn’t drive himself home.

2.He had drunk a bit.


この1と2のセンテンスには時間的な差があります。

2の方がより過去の話をしているので、センテンスを分けた場合、大過去が使われています。


「お酒を飲んだ」という行為の後に、「車を運転しなかった」という行為が起きています。


この時間の違いを分詞で表現するには、完了形を使う必要があります。

仮に完了形ではなく、“Drinking a bit , Ted didn’t drive himself home.”とすると、「彼は少し飲みながら、自分で車を運転して帰宅することはしなかった。」という意味になり、「飲む」という行為と、「運転をしなかった」という行為が、同時に起きたような印象になってしまいます。


なので、時制の違いを明確にするためには、“Having”を伴って完了形を使う必要があります。

このような文法的な部分を、瞬時に操れるようになるには瞬間英作文で繰り返し練習する必要がありますが、それ以前に解説を読み理解していることも重要です。


聞き流しで瞬間英作文学習をされている方も多いと思いますが、「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」には、豊富で細かな解説がしっかりのっていますので、瞬間英作文をして、文法が少し不安だなと感じだ場合は、各問でアプリの画面下に記載されている解説文も目を通してみてくださいね!


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


バトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!

Get it on Google Play