カジュアルに“should”を使いこなそう!

Posted on Posted in TOEIC, 勘違いしがちな単語, 意外と知らない英語の注意事項, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyから、日常会話ですぐに使える便利な表現をご紹介したいと思います。本日ご紹介する内容は「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」の「4.便利な表現」で学習できます。


本日のテーマ

実はとってもカジュアルな“should”とは!?

です。


さて皆さん、“should”のイメージというとどんな感じでしょうか。

学校では「すべき」という意味で習いませんでしたか?

この「すべき」という意味で捉えると、少しきつい言い方に感じてしまうかもしれません。


しかし、“should”はもっとカジュアルなイメージで使う事が出来ます。

まずは下のセンテンスを見てください。


“If you get a chance, you should see it.”


このセンテンスを訳してみましょう。

「すべき」で考えると、「機会があったら、あなたもそれを見るべきだよ。」となってしまいそうですが、実は“should”のニュアンスはこんなにきつくありません。


もっと気軽使える“should”


学校英語の記憶で“should”は「すべき」と叩き込まれたので、ちょっとした会話で“should”を使うのに、抵抗があると感じる人もいるのではないでしょうか。

しかし、“should”は「人のためになるようなアドバイスをする」というのが基本的な意味。


例えば“You should go there by bike.”と言えば、「そこには自転車で言った方がいいよ」というアドバイスになります。

このように“should”は「すべき」と言うよりは「した方がいいよ」というニュアンスで使わることが多いです。


そして先ほどのセンテンスですが、

“If you get a chance, you should see it.”

は「機会があったら、見た方がいいよ」や「機会があったら、見てみて」というような意味になります。


こういった表現は結構日常会話で使いますし、動詞を変えるだけで応用が効きます。

“If you get a chance”も便利な表現ですので、ぜひセットで覚えて、積極的に“should”を使ってみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン