比較表現を英会話で使おう!

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 文法を会話に活かそう!, 比較, 英会話, 英会話で即使える, 英文法

みなさんこんにちは!!

本日は、瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyから、すぐに日常英会話で活かしたい文法項目をご紹介します。本日ご紹介する内容は「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」の「17.比較と数量表現」に登場します。


本日のテーマ

比べるだけじゃない!日常英会話で使いこなしたい比較の考え方!

です。


本題に入る前に、1つ、瞬間英作文学習で皆さんに意識して頂きたいことがあります。

それが、ただ、目の前のセンテンスを素早く瞬間英作文するだけでなく、日常の英会話でどのように活かせるか、アウトプットを常に意識しながら取り組んで頂くということです。

日常で英語を話す機会が少ない方は特に、アウトプットを意識することが非常に重要です。オンライン英会話を1日に25分行ったとしても、1年間で6日間ちょっとしか英語を話していることになりません。


ですので、あらゆるアウトプット型のトレーニングを組み合わせ、英語を使いこなせるようになることを、イメージしながらトレーニングしましょう。

単語を覚えることも、文法を理解することも基礎として大事ですが、最終的にはそれらをどのように使うかを理解し、使えるようになることがゴールです。一歩ずつ続けていくしかありませんが、英語力の変化を日々楽しみながら進んでいきましょう!


それでは、本題です!

まず比較というと、何かと何かを比べるようなイメージがありますよね。


例えば、「私は彼より早く走ることが出来る。」というような問題で、“I can ran faster than him.”というような文をたくさん作ってきませんでしたか?

もちろんこういった使い方も良くしますし、便利です。


が、さらに比較を使いこなすことで表現の幅を広げることができます。


アバウトなもので比較を使う


ややわかりづらいタイトルですが、人や技術など大小や幅があるようなものを比べるような使い方ではなく、日常のちょっとしたことでも比較を使うことで表現の幅は広がります。


例えば、以下の日本語を瞬間英作文してみましょう。

「その件についてはより詳しく調べます。」


この文で比較を使うポイントは「より詳しく」、さらに砕けた表現で言うと「もっと」というニュアンスを比較で表そうというイメージです。


もう一つ瞬間英作文をして答えを見てみましょう。

「だいぶ元気になりました。心配してくれてありがとう。」


この文では「だいぶ元気になった」という状態の変化で比較が使われています。

このように「~よりも」と、あからさまに比較をするのではなく「(以前と比べ)だいぶ」というような場面でも比較は非常に便利です。


ではそれぞれの解答です。

「その件についてはより詳しく調べます。」

“We will look into the matter more closely.”


「だいぶ元気になりました。心配してくれてありがとう。」

“I’m feeling better now. Thanks for your concern.”


他にも“the best”を使えば「1番~」を表したりもできますね。

こういった比較表現は当たり前のようで、中々日常英会話でパッと出て来なかったりします。比較は苦手意識のある人も多いかもしれませんが、「もっと」「だいぶ」「1番~」のような表現は日本語でも良く使いますし、覚えておくと便利ですので、ぜひ練習してマスターしてくださいね!

「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」の「17.比較と数量表現」では、この他、たくさんの例題が練習できます。


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play