関係詞を使って英会話を楽しく!!

Posted on Posted in 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中からすぐに使えて役に立つ英語の表現をご紹介していきますので、ぜひチェックしてくださいね!

本日のテーマ

ネイティブ、実は関係詞を使って考え中!?

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分30秒で読むことが出来ます。

では、まずは瞬間英作文に挑戦してみましょう!

こちらは私が一緒に働いているPatricia Sanchezです。

先日、アメリカに住むネイティブスピーカーが話していたことなのですが、実は、ネイティブスピーカーですら、結構文法的に正しくない英語を話す人が多いんだそうです。

と言うのも、会話では、話しながら文を構築していくので、話す内容によって途中で文の構造を変えることも多く、文法が崩れることも良くあるそうです。

会話と言うのは、話す行為と同時に、考える行為も行われていますので、当然ではあると思います。ましてや、英語は非常に構造的な言語ですので、リアルタイムで発する全てが完璧であるというのは非常に難しいことですよね。そんな中で、ネイティブスピーカーは、関係詞を使いながら情報を補足すると同時に、次に話すことを考えているそうなんです。

例えば、あなたが一緒に働いているPatriciaさんと会社で話していると、そこにたまたま同僚が来て、紹介することとなりました。日本語であれば「こちらは私が一緒に働いているPatricia Sanchezです。」とシンプルに話せますが、英語では構造上、このようにシンプルに話すことは出来ません。ですので、

“This is Patricia Sanchez.I work with him.”と言います。

しかし、英語では、関係詞を使う事で、“This is Patricia Sanchez whom I work with.”と一文にすることが出来ます。これは、一見、一文にすることで会話をシンプルにすることが出来るという目的があるように感じますが、実はそれだけでなく、ネイティブが関係詞を使う時は、関係詞以下に補足することを考えながら話しているという場合にも使います。

例えば、会社の人事部が取材を受けているとき、「どんな人材が欲しいですか?」と聞かれ、“We only employ people who are friendly and outgoing.”と答えると、“people”以下の具体的な人材像を考えながら付け加えることが出来ますよね。

先ほども話しましたが、英語は構造的な言語で、単語や文に後から情報を付け足すことが多いです。そういった構造を逆手に取り、具体的な部分は後から考えて付け足すことが出来るようになると、より感覚的に英語を話すことが出来るようになります。

関係詞は苦手…という方も多いかもしれません。しかし、実は繰り返し例文を聴くことで意識せずに使えるようになりやすい分野でもあります。まず一文で、と言うのが難しい方は、「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」のチャンク学習をおススメします。

ぜひ練習して英会話をより楽しんでくださいね!

本日ご紹介した内容の例文は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」に登場します。「関係詞」の使い方を始め、英会話に外せない文法の基礎知識を瞬間英作文スタイルで学習出来ますので、ぜひチェックしてくださいね!全センテンス、ネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play