瞬間英作文で英会話とTOEICで重要な構文をマスターしよう!!

Posted on Posted in TOEIC, 慣用表現, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日の、瞬間英作文アプリ An Instant Replyのブログでは、日常英会話でもTOEICでも重要な構文をご紹介します!ぜひ覚えてくださいね!


本日のテーマ

瞬間英作文で日常英会話、TOEICで重要な構文を使いこなせるようになろう!!

です。


今回のブログは3分程度で読めますので、サクッと読んで行ってくださいね!

では早速ですが本日ご紹介する構文がこちら!!


“There is no Ving”です。

「Vすることは出来ない」という意味です。

ここに登場する“no”、はVingを修飾し、直訳すると「Vすることは存在しない」となります。


では例文を見ていきましょう!

“Once you’ve selected an answer, there’s no going back.”

「一度答えを選択したら、後戻りはできません。」


“going back”は「さかのぼる」、「帰る」、「戻る」といった意味です。


他にも、

There is no denying:否定できない

There is no telling:わからない

There is no answering:答えられない

などのように使われます。


いかがでしょう。

瞬間英作文をしていると、こういった重要な構文の理解が欠けてしまう事があります。

なので、時々解説を読んで皆さんが言えるようなったフレーズの理解を深めることが大切。

そうすることで、更に広がりを持って知識をつけていくことが出来ます。


今回ご紹介した例文は瞬間英作文アプリ An Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」からの紹介です。こちらのコンテンツは非常に重要な語彙、構文を多く含み、文法的な観点で解説も豊富。

ですので、ぜひ、知識の再整理にも役に立ちますので、じっくり時間をかけて学習してみてくださいね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン