中学英語で思い出を語れるようになろう!

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 英会話, 英会話で即使える, 英文法

みなさんこんにちは!!

いきなりですが、同窓会などに行き、久々に誰かと会うとこんな会話をしませんか?

「そう言えば、あの時よく○○してたよね~」

この「よく○○してた(した))」という表現は、便利な基本表現ですが、なかなかスッと出て来なくないですか?本日はそんな「よく○○してた(した)」という表現をピックアップしたいと思います!


テーマ

中学英語で昔話を英語で語れるようになろう!!

です!早速いきましょう!


問題を解いてみよう!

ではまずは、こんなシチュエーションを考えてみましょう。

同級生の場合、「よく一緒に帰ったよね。」という昔話をすることがあります。ではこれを英語にしてみましょう!!(すぐに正解が登場しますので、ここで瞬間英作文をしてみましょう!)


教科書や参考書によっては、ここで使う表現は少し違った言い方をすることもあるのでパッと出て来ないかもしれません。では正解を見てみましょう!


“We used to go home together, didn’t we?”


そうです。「よく○○してた(した)」は“used to”を使います。

教科書ですと「かつては○○したものだ」という記載がされていることも多いので、このように、より日常会話的なニュアンスで発想する時には少し出にくいかもしれません。


「よく○○してた(した)」は“would”? それとも“used to”?

例えば上の例文は“would”を使って言う事も出来ます。


“We would often go home together, wouldn’t we?”


ちなみに“would”を用いる場合は“often”など頻度を表す副詞が一緒に使われます。

では、“would”と“used to”の違いは何なのでしょうか?

まず、どちらも過去の習慣的動作を表すことができます。

過去の習慣的動作は「よく~した」というものですね。

そしてここからが違いですが、過去の習慣的状態は“used to”しか表せません。

過去の習慣的状態は「よく○○していた」というものです。


例えば、“His life used to be filled with happiness.”

「彼のしあわせは幸せで満たされていた。」

というように表せます。


このような言い回しができるのは“used to”のみです。


過去の習慣的動作にも違いが!?

先ほど“would”を用いる場合は“often”など頻度を表す副詞が一緒に使われると言いましたが、これはどういう意味を表しているのでしょうか。


実は、“would”は過去の習慣的動作の中でも、不定期なものに使われることが多いです。なので“often”が付くことで、「よくやった」というニュアンスを強調しています。


例えば以下の例文を比べましょう。

①“We would often go swimming at the gym.”

②“We used to go swimming at the gym.

「よくそのジムに泳ぎに行きました。」


という文は、回数の頻度はわかりませんが①は月に2、3度(不定期的)というようなニュアンスで、②は毎週(定期的)というような違い出すことが出来ます。


いかがでしょう。使い分けまで意識するとなかなか深いですよね。

まずは頭の片隅に置いて、少しずつ慣れていけばいいと思います。

まずは瞬間英作文を繰り返して慣れていきましょう!!


日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しいという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう