“rain”と“shower”の違い、英語の雨の色々

Posted on Posted in TOEIC, ニュアンスの違い, 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英語

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの中から、英会話で重要な文法事項をピックアップしていきましょう!


本日のテーマ

“rain”と“shower”の違いとは!?英会話で使いこなしたい雨のいいかた

です。早速行きましょう!


まずは以下の文章を瞬間英作文してみてください。

「彼らはにわか雨に遭い、近くのカフェで雨宿りをした。」


こちらの問題は、「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」の「6.受動態」より出題しています。


正解の前に本日のテーマ「雨」を表す“rain”に関して少しおさらいしましょう。

英語を理解する重要なポイントの1つ、「品詞を意識する」ですが、この“rain”という単語はそのわかりやすい例なんです。


まず“rain”には動詞で「雨が降る」という意味と、名詞で「雨」という意味があります。

また“rainy”とすると形容詞になって「雨降りの/雨が降っている」という意味になります。


なのでこの3つ、それぞれを使い「今日は雨が降っています」というと

“It is raining today./It rains today.”(動詞)

“We are having rain today.”(名詞)

“It is rainy today.”(形容詞)

となります。動詞の場合、進行形でも現在形でも大丈夫なのですが、進行形の方が良く使われます。


また名詞の“rain”として“It is rain today.”とすることも出来そうですが、「今日が雨(今日=雨)です。」と少しおかしな意味になってしまうので、形容詞を使いましょう。


では、雨の基本をおさらいしたところで、先ほどの瞬間英作文の答えを見ていきましょう!

「彼らはにわか雨に遭い、近くのカフェで雨宿りをした。」

“They got caught in a shower and took shelter in a nearby café.”


いかがでしょう。出来ましたか?日本語では「雨」という単語が出てきているにも関わらず、“rain”という単語が出てきませんね。


英語で雨は、表現色々!

実は一般的な意味として「雨」は“rain”を使いますが、実際に降っている状況に応じて色々な表現が使い分けられます。


まずは、問題に出てきた「にわか雨」は“shower”を使います。

他にも

「小雨」や「霧雨」など、しとしと降るような静かな雨は“drizzle”(動詞)

降り始めのポツポツ雨は“sprinkle”(動詞)

土砂降りは“pour”(動詞)

などなどと、使い分けられます。


他にも色々な表現がありますが、まずはこの辺を基本として押さえておきましょう!

天気の話題は、英会話でも会話の切り口に良く使われますので、早速使えるように覚えてくださいね!


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play