想像的なニュアンスを英語で出せますか?

Posted on Posted in TOEIC, ニュアンスの違い, 意外と知らない英語の注意事項, 文法を会話に活かそう!, 時制, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの中から、英会話で重要な文法事項をピックアップしていきましょう!


本日のテーマ

想像的なニュアンスは英語でどう表す!?

です。早速行きましょう!


さて、まずいきなりですが次の二つの文章を瞬間英作文してみてください。


A:Bettyへの記念日の贈り物は何がいいですか?


B:Bettyへの記念日の贈り物は何がいいだろうか?


似たようで少し違うニュアンスの二つの文。このニュアンスの差を出すにはどうしたらいいのでしょうか。


Aは誰かに単に聞いている文章ですが、Bは「いいのだろうか?」と想像、空想をしている状態ですね。この想像、空想状態の表現を助動詞を使って表現できるようになるというのが本日のポイントです。


では正解の前に少し、解説をしていきましょう。

助動詞と言えば、“can”や“will”、“may”などありますが、これらにはそれぞれ過去形があります。“can”は“could”、“will”は“would”、“may”は“might”となります。


これら助動詞の過去形では、気をつけないといけないことがあります。

それは、過去形だからといい、過去の意味を必ずしも表すわけではないということ。

助動詞の過去形が過去を表すには、以下の条件が必要となります。


1.述語動詞が過去形である文の名詞・副詞・形容詞節で用いられている。

2.過去を表す副詞や文脈があり、過去のことを述べているのが明白である。


これらの条件を満たさない場合、過去の助動詞は現在、又は未来のことを表します。


例えば例文を見てみましょう。

C:“I could run faster than him then.”

D:“I could run faster than him.”


Cには“then”という過去の意味を表す副詞がありますので“could”は過去として扱われ、「私は、その時彼より早く走れました。」という意味になります。

一方、Dは過去を表すものが何ものないので「私は彼より早く走れるだろう」という意味になります。


Dの場合で過去の意味としたい場合は“be able to”を使うのが一般的です。


このように、過去の助動詞は、常に過去を表すとは限らないと確認した上で、本日の瞬間英作文の問題を見てみましょう。


Bの文では「プレゼントは何がいいだろうか」と想像しています。このような想像のニュアンスをだすには“would”を利用します。


では、まずシンプルなAの文から解答を見ていきましょう。


A:Bettyへの記念日の贈り物は何がいいですか?

“What is a good anniversary present for Betty?”

となりますね。ここに“would”を加えると、「なにが~だろうか?」と想像のニュアンスが加わります。


B:Bettyへの記念日の贈り物は何がいいだろうか?

“What would be a good anniversary present for Betty?”


となります。


英語の少し難しいところではありますが、必ずしも過去形だからといって過去の意味を表すと限りません。慣れるまで、英会話で使いこなすには大変だと思いますが、この辺の理解は仮定法へも繋がっていきます。


さらに詳しく学習して慣れていきたいという方は、ぜひ瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」の【助動詞(過去形と完了形)】を学習してみてくださいね!


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play