正しい単語を意識したことはありますか!?

Posted on Posted in 丁寧な英語, 紛らわしい英語, 英単語, 英語の難しいところ, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日のブログでは、日常英会話で気をつけておきたい事をご紹介します。

本日のテーマ

ネガティブな単語に気をつけよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分30秒で読むことが出来ます。

瞬間英作文を継続していると、徐々に英語が出てくるようになり、実際に英会話をしたいな~と考えたり、またはオンライン英会話などの実践の場で、すでに自分の変化を楽しんでいるかたもいると思います。

英語が少しずつ話せるようになった頃は、まず、自分が使える単語を駆使して、とにかくアウトプットしていこうという状況になると思います。この姿勢は、英語を話せるようになるためには非常に重要で、いかに間違えを恐れずに、ポジティイブにアウトプットの量を増やせるかが成長のカギでもあります。

ただ、そのような状況の中で、徐々にでもよいので、取り組んでいってほしいことがあります。それが、無意識のうちに失礼な単語を使わないように、その単語がネガティブな意味なのか、ポジティブな意味なのかを把握していくという事。

英語には、1つの意味を表すのに複数の単語がありますが、その中には安易に使わない方がよい、ネガティブなニュアンスが含まれた単語もあります。受験英語などでは、それほど単語の持つ、ネガポジの側面にはスポットを当てられないので、知っている単語であれば、意識せずに使ってしまうという事もあり得ます。

例えば、“slim”と“thin”。

「彼は痩せています。」を、スタイルが良いというニュアンスで言いたい時、

“He is slim.”というと、褒めているように聞こえます。

しかし、“He is thin.”というと、病的に痩せているというような感じに聞こえてしまいます。

「痩せている」という意味において、“thin”は“slim”よりネガティブな意味合いが強い単語です。

また、「太っている」という場合にも、“fat”にはネガティブな意味が含まれますので、“large”を使う方がより丁寧な英語になります。

なかなか日本で生活している場合は、英語の細かいニュアンスをどれも拾っていくのは難しいですが、英会話等を並行してやっている方は、先生に積極的に指摘してもらうなどするといいかもしれません。

ぜひ、この単語大丈夫かな!?と思うよなことがあれば積極的に調べて、より綺麗な英語を話せるように練習してみてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play