”married”をちゃんと使い分けられていますか!?

Posted on Posted in TOEIC, 勘違いしがちな単語, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英文法, 英語, 英語の難しいところ, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日はちょっと気をつけて覚えておきたい、良く使う英単語をご紹介します。

本日のテーマ

“marrid”を再確認しよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ5分で読むことが出来ます。

では、本日もまずは瞬間英作文をしていきましょう!

今回は、3問連続です!!

1.彼は彼女と結婚しました。

2.KenとHirokoは結婚しました。

3.彼らは20年間結婚していました。

本日扱うのは“married”です。皆さん、この単語の使い方、しっかり理解できていますか?実は結構間違えやすく、注意が必要です。

では、早速、瞬間英作文の解答を見つつ、解説をしていきたいのですが、その前に1つ、重要なポイントを覚えておいてください。

“married”は、動詞か、形容詞かをしっかり意識しよう!

この点を踏まえ、以下の解説に進んでください。

では1番目。こちらは“married”を動詞として考えてみましょう。“marry(現在形)”には、他動詞で「~と結婚する」という意味があります。後ろには目的語で結婚する相手をとります。ここで注意なのが、「~と結婚する」という意味で使う際は他動詞です。後ろには前置詞は不要です。良く“with”をつけてしまう方がいますが、そのまま目的語をとりますので注意してください。

1.彼は彼女と結婚しました。

“He married her.”

続いて2番目。こちらでは“married”を形容詞で考えてみましょう。形容詞で考えた場合、“married”は、「結婚している」という状態を表します。なので、形容詞の“married”を使って「結婚した(する)」という意味を表すには、「結婚している」状態に「なる」という形にする必要があります。そこでこの場合は、“married”の前に「(~の状態に)なる」という意味の動詞、“get”を付け、“get married”という形にしてあげましょう。

2.KenとHirokoは結婚しました。

“Ken and Hiroko got married.”

ちなみに、「~と結婚する」という場合、“get married”は自動詞の扱いになるので、後ろに目的語をとる際は、前置詞が必要です。“with”をつけたくなるかも知れませんが、ここは“to”が付くので注意してください。また、1の“marry”よりも一般的に使われるので、こちらを使う方が良いです。ちなみに1の文を“get married”を使って表すと“He got married to her.”になります。

最後に3番です。1と2が「結婚をする」という動作を表したのに対し、3番は「結婚していた」という状態を表しています。“married”は、「結婚している」という状態を表す形容詞ですので、こちらは単純に、動詞も状態を表すbe動詞を使えば問題ありません。

3.彼らは20年間結婚していました。

“They were married for 20 years.”

いかがでしょう?1つの単語ですが結構複雑ですよね。ただ、まずベースは“marry”が動詞か形容詞かを区別出来るようにしておくこと。本日ご紹介した例文を繰り返し読んで、慣れていってくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play