英会話で意識しよう!“I know”と“I see”の違い

Posted on Posted in ニュアンスの違い

みなさんこんにちは!!

本日は英会話に役立つTipsをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話できちんと使い分けよう!“I know”と“I see”

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

映画や海外ドラマを見ていると、頻繁に登場する表現“I know”。

お馴染みの表現ですが、これと近い意味で“I see”という表現も良く使われます。似たようで違うこの二つ、きちんと使い分けられていますか?

ニュアンスの違いを理解しないまま使うと、少し伝えたいことと違ってきてしまう可能性があります。本日はこの違いをしっかり理解しましょう!!

まず、単語単位でみると、“know”には「知っている」という意味があり、“see”には「わかる」という意味があります。「知っている」というのは状態、つまりその情報を既にもっているという事です。

一方で、「わかる」というのは、その瞬間に理解したという状況です。既に情報がある状態と、その瞬間に理解するとでは意味は違ってきます。この意味の違いが、“I know”と“I see”を使い分ける際にもベースにあります。

では実際に用例を見てみましょう。

A:“You should keep practice to be a good player.”

B:“I know.”

A:「いい選手になるには練習を続けた方がいいよ。」

B:「わかってるよ。」

C:“I think you should study reading parts more because you couldn’t get points there.”

D:“I see”

C:「(TOEICで)リーディングパートをもっと勉強した方がいいよ。そこで点数をとれていなかったから。」

D:「なるほど」

このように見ると違いがわかりやすいと思います。

また“I know what you mean.”は、「言いたいことはわかっています」というニュアンスですが、“I see what you mean.”「言いたいことはわかります(同意します)」という感じになります。

微妙ですが、違いがきちんとあるので使い分けましょう。

まずは、既に知っているなら“I know.”で、初見なら“I see.”と覚えておくのがおススメです!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!英会話でも良く使う!?意外と便利な”that”の隠れた意味

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう