「週末なら空いてるはず」って英語でなんていう!?

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの中から、英会話で重要な文法事項をピックアップしていきましょう!

本日のテーマ

「~のはず」を英会話でいうには!?

です。早速行きましょう!

日常会話の中で、「~のはずです」という表現を使う事ってよくありますよね。

例えば、「今週、いつ空いている?」と聞かれて、「週末なら大丈夫なはず!」と答えるようなシチュエーション。皆さんならどう英語で話しますか?

せっかくですので瞬間英作文してみましょう!

A:「今週、いつなら空いている?」

B:「週末ならいつでも大丈夫なはず。」

本日の問題に使われているBのセンテンスは「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」より出題しています。

では解答の前に、少し解説をします。

この「~のはず」という表現を表すのには、“should”を使います。“should”というと、「~すべき」とか、「~した方がいいよ」という意味がまず浮かぶと思いますが、実は「~のはず」という意味でも良く使われます。

“should”の「~のはずだ」は推量ですね。

この推量の用法を用いて、先ほどの瞬間英作文の答えを見てみましょう。

A:「今週、いつなら空いている?」

B:「週末ならいつでも大丈夫なはず。」

A:“When are you available this week?”

B:“Anytime over the weekend should work.”

では続けてもう1問、「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」より出題しましょう。こちらの問題は、ビジネスの場面で使う事が出来るフレーズです。

C:遅くとも6時までに折り返しご連絡できるはずです。

ちなみに、“should” はこれから何かが起きるのを予期していることを述べる場合に使います。ただの推測ではなく、前もって期待する(=予期する)気持ちが込められています。

ではCの解答を見てみましょう。

C:“I should be able to get back to you by 6pm at the latest.”

いかがでしょう。日常英会話でも使える“should”を使った表現や、その他、海外旅行などでもすぐに活かせる本場のフレーズが、「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」にはたくさんあります。ぜひ、便利な言い回しを覚えて、会話の引き出しを増やしたいという方はチェックしてみてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play