英語できちんと謝れますか!?

Posted on Posted in TOEIC, 丁寧な英語, 英会話, 英会話で即使える, 語法・使い方

みなさんこんばんは!!

本日は瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの中から、すぐに使える便利な表現をご紹介します!

本日のテーマ

英会話できちんと謝れますか!?

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ2分30秒で読むことが出来ます。

まずは本日も、最初に瞬間英作文をしてみましょう!

1.部屋が散らかっていてすみません。

2.昨日はひどいことを言ってごめんなさい。

誰かに謝るような出来事が無いことがベストですが、大小限らず何かしら迷惑をかけてしまう事ってありますよね。そんな時は、英語でもきちんと謝れるようにしておきたいもの。

英語での謝罪の定番と言えば“sorry”ですが、実はこの単語、少し使い方を気をつけないといけません。では本日は早速ですが、瞬間英作文の解答をまずは見ていきましょう。

1.部屋が散らかっていてすみません。

“I’m sorry about the mess in my room.”

2.昨日はひどいことを言ってごめんなさい。

“I’m sorry for what I said to you yesterday.”

1では“sorry about”が使われ、2では“sorry for”が使われていますね。この2つには以下の様な違いがあります。

“sorry for”:“for” を使うときは自分が悪い、と自分の非を認めるニュアンスの「~してごめんなさい」になります。

“sorry about”:“about” は自分がコントロールできない状況にも使われるので、“I’m sorry about the situation” は、謝っているように見えますが、実は自分の非だけではないというニュアンスを含んでいます。

微妙なニュアンスの違いですが、基本単語で、もちろんネイティブスピーカーも良く使う単語の1つです。区別が難しいという場合は、まず慣れるまでは、自分に非があるかなという場面では、“sorry for”を使うのがおススメです!

本日の内容は、瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」からご紹介しました。微妙なニュアンスを理解するのには、実際に使われている英語で、繰り返し練習するのが効果的ですので、ぜひ、アプリ内の他のコンテンツもチェックしてみてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play