「念のため」を英語で言えるようになろう!

Posted on Posted in TOEIC, 英会話, 英会話で即使える, 英単語

みなさんこんにちは!!

本日も日常英会話ですぐに役立つ便利な表現を「瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Reply」のコンテンツからご紹介していきます!

本日のテーマ

「念のため」を英語で言えるようになろう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ2分で読むことが出来ます。

では、本日も早速、瞬間英作文に挑戦してみましょう!

「念のために、傘を持って行った方がいいよ」

この時期、こういった一言を言えると非常に便利ですね。最近は、インターネットを使って、雨がいつ降るかというのも、だいたいわかるようになりましたが、それでも、天気はいつ変わるかわかりませんし、念の為というのは非常に重要ですよね。

また、家族が丁度家をでる時に、あなたが天気予報を見ていて、降水確率が高ければ、「念のために、傘を持って行った方がいいかも!」と声をかけたりしますよね。ぜひ、こういった一言が言えるよう、本日覚えてしまいましょう!

英語で「念のため」は“just in case”という言い方をします。文頭でも、文末でも使われます。以下、例文をチェックしてみましょう。

“Make sure that you have your cellphone ,just in case.”

「念のため、携帯電話持ってるか確認して。」

“Just in case, We should leave here early.”

「念のため、ここを早く出た方がいいね。」

簡単ですね。このように文末や文頭につけるだけです。

では先ほどの瞬間英作文の解答を見てみましょう。

「念のために、傘を持って行った方がいいよ」

“You should take an umbrella with you, just in case.”

この文で、もう1つポイントとしておさえておきたいのが、“should”が使われているところ。“should”は「助言」の意味で、「~した方がいいよ」という意味を表します。同じ「~した方がいいよ」で“had better”を習った記憶がある方もいると思いますが、こちらは「助言」より「忠告」の意味になってしまいます。

実際に “had better”を使うと、「~した方がいいよ(さもないと良くないことになるよ)」という意味になります。ですので、単にアドバイスのような形で「~した方がいいよ」という場合は、“should”を使った方が無難です。

いかがでしょう。本日はまず“just in case”をご紹介し、それとセットで良く使われる“should”もご紹介しました。ぜひこの機会に両方の使い方を覚えてくださいね!

本日ご紹介した内容は、「瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Reply」のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」よりご紹介しています。英会話スキルと文法力を合わせて向上させたいという方はぜひ、チェックしてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play